マダイ・カブラ(鯛ラバ)

タックル
鯛カブラ15〜30号(60〜115g)。
ライン:
PE0.8〜1.5号を100m以上
リーダー:
フロロ3〜5号を1.5m以上

ロッド:
鯛カブラ専用ロッド(2m前後)
船釣り用のライトゲームロッド(2m前後、オモリ負荷20〜60号)も良いです。
バスロッドでも釣れますが、グリップの長めな船用の方が脇に挟めるのでリールを巻いていても楽です。

リール:
小型両軸もしくはバス用ベイト。スプールの回転性能が高いものがいいでしょう。

釣り方
基本的にカブラで狙う鯛は、底ギリギリから2、3mくらいの範囲で釣れる事が多いです。
やり方としてはカブラが着底したら即、巻きに入って下さい。
この釣りの肝はここで底取りが正確に出来るかどうかが勝負の分かれ目です。
底が取れてないと海底を引きずって根掛かりばかりしてしまいます。
たとえ根掛かりしない場所であっても、カブラを海底で転がしていたのでは鯛に見切られてしまうのでまず食ってきません。
落下したボールが地面でバウンドして上がって行くイメージでやって下さい。
着底後、巻き始めたら底から約7、8m(リール約10回転〜20回転)リールを巻き上げていきます。
ペースは1秒間に1回転から2回転。
明石海峡大橋付近など、大きな縦のストラクチャーがある場所では鯛が浮いている場合もあるので、
場面によっては20mくらいまで探っても良いかもしれません。
当たりがあっても手を止めず、同じペースでハンドルを巻き続けて下さい。
合わせは特に必要ないと思いますが、合わせたい人は竿が舞い込んでから合わせて下さい。


鯛サビキ
この釣りは底を取って巻くだけなので比較的イージーな釣りなのですが、
全長5〜10mの長い仕掛けを使用する為、船内でいかにトラブルなく扱うかがキモとなります。

タックルは鯛カブラと同じような物で良いでしょう。

仕掛けは鯛サビキ、全長5〜10m(初心者は短めが良いです)、ハリス3〜4号。

オモリは40〜50号。



マダイ・テンヤ (マダイひとつテンヤ)
現在のリタックルスタイルは鯛カブラにそのシーズンに適したエサを付けるだけですが、もちろん市販のマダイテンヤでもOK。
鯛カブラのラバーを付けたままにするか外してしまうかは、どちらでも実績が出ていますのでお好みで良いと思われます。
エサは海エビが一番良いようですが、夏の曇天時にアオムシが良かったりもします。
最近巷では水深が浅い場所でスピニングでのキャスティングが流行ってるようですが、
リタックルでは大型が出る可能性が高く、またアコウやアイナメ、ヒラメ、イシモチなどバリエーション豊富に狙える深場を重視しております。
やり方は底を取ってすぐに2mほどシャクリ上げ、テンションを掛けたままゆっくりシャクリ上げた竿を降ろしていきます。
この降ろしている最中によくアタリが出ます。
アタリが出たら積極的にアワセを入れましょう。
この釣りのキモは他と同様まずは底取り、シャクった後に仕掛けを降ろすスピード、アワセのタイミングですが、
こればかりは実戦で慣れて頂くしかないでしょう。
テンヤ(カブラ)のオモリは15〜40号。
タックルは鯛カブラと同じような物で良いですが、比較的硬め、より先調子の物が望ましいです。