タコ釣り
基本的に底にベッタリ付いている生き物ですので、テンヤを底から離さない事が重要です。
船は常に流れてますので、底を引きずっているつもりでも知らず知らずのうちにテンヤが立ってしまいます。
こうなるとノリが悪くなりますので、少しラインを出してテンヤが底を這うようにできればOK。
竿をシャクって誘いを掛けるのも良いですが、テンヤが立たないように注意しましょう。
一般的に潮が動いている時は誘いを控えめにして船の流れに任せ、潮が止まると積極的に誘うのが良いです。
アタリはなかなかはっきり出ないので少し重いと感じたりテンヤが底にするズルズル感が変わったり、
何か少しでも違和感を感じたら空振りを恐れず思い切り合わせて下さい。
掛かったらロッドを立て気味にしてラインが緩まないよう頑張って巻き上げて下さい。
船べりから抜き上げる時はゆっくり上げて下さい。

エサ:鶏肉手羽先、アジ、サンマなど
(魚系のエサは取れやすく交換も必要なので初心者は絶対に手羽先が良いです)

仕掛け
タコテンヤ、オモリ60号以上。(無料レンタルあり、要予約)
上級者は状況を見てもっと軽い物を使っても良いです。
エギもOK(オモリ50号)です。
道糸はPE2〜3号(100m以上)(3号)
ロッドはジギングロッド(3ozクラス)船竿(50〜80号クラス)など強めで短い物(180cm前後)が良いです。
リールはジギング用リール(ベイトでもスピニングでも可)か中型以上の船用両軸リール、とにかく力が強い物が良いです。
タコを入れるためのチャック付き洗濯ネットも必要です。

※基本竿釣り(PE3号前後)でお願いします。
どうしても手釣り希望の方はテンヤ100号(各自で用意)。